会社情報 COMPANY

会社概要・沿革・組織図

会社概要

会社名
(英語表記)
ENEOSグローブガスターミナル株式会社
ENEOS GLOBE GAS TERMINAL CO.,LTD.
本社所在地 〒100-6115
東京都千代田区永田町二丁目11番1号
山王パークタワー15階MAP
設立 1981年(昭和56年)12月
資本金 1,000万円〔株主:ENEOSグローブ株式会社(100%出資)〕
事業内容 1.LPガス(液化石油ガス)の受入、貯蔵、払出、及びLPG基地の運営管理
2.LPガスの受入、貯蔵、払出設備の維持管理、及び設計照査、並びに設備工事の監理
3.国家石油ガス備蓄基地操業の受託
4.以上に付帯関連する一切の事業
役員

取締役および取締役を兼務する執行役員

代表取締役社長 社長執行役員北尾 達也
取締役山口 一彦
取締役(非常勤)藤原 祥夫
取締役(非常勤)高村 一哉
監査役(非常勤)大西 弘昭
取締役を兼務しない執行役員
執行役員遠藤 喜一
執行役員廣瀬 正典
売上高 約21億円(2017年3月期) ※基地操業受託料として
従業員数 154名(2017年4月1日時点)
事業所 本社、石狩ガスターミナル、釧路ガスターミナル、
青森ガスターミナル、秋田ガスターミナル、
新潟ガスターミナル、七尾ガスターミナル(民間エリア・国備エリア)、
唐津ガスターミナル、川内ガスターミナル

ページの先頭へ戻る

沿革

1960年 (昭和35年) 6月 「ブリヂストン液化ガス㈱」として設立LPガス(液化石油ガス)の海外仕入による元売

1962年 (昭和37年) 1月
3月

世界最初の低温式LPガス専用タンカー「ブリヂストン丸」が就航
世界最初の低温式LPガス専用の輸入基地「川崎製造所」が完成
1966年 (昭和41年) 6月 LPガス輸入基地「唐津製造所」が完成
1970年 (昭和45年) 11月 LPガス輸入基地「青森製造所」が完成

1973年 (昭和48年) 3月
3月

LPガス二次基地「釧路基地」が完成
アラブ首長国連邦アブダビにおけるLPGの生産販売会社(ADGAS)の設立に参加
1975年 (昭和50年) 5月 LPガス輸入基地「七尾製造所」が完成

1977年 (昭和52年) 10月

ADGASより日本へLNG(液化天然ガス)及びLPガスの納入開始

1981年 (昭和56年) 3月

「三井液化ガス㈱」に社名を変更

11月
12月

川崎製造所 高圧ガス保安優良事業所通産大臣表彰受賞
「液化ガスターミナル㈱」設立
※ 三井液化ガス㈱からLPガス基地の運営管理会社として独立分離
三井液化ガス㈱100%出資の子会社
1985年 (昭和60年) 10月 唐津製造所 高圧ガス保安優良事業所通産大臣表彰受賞
1991年 (平成3年) 4月 三井液化ガス㈱と三井石油㈱が対等合併し、三井石油㈱となる
1994年 (平成6年) 12月 LPガス二次基地「石狩製造所」が完成
1996年 (平成8年) 10月 七尾製造所 高圧ガス保安優良事業所通産大臣表彰受賞
1997年 (平成9年) 10月 LPガス輸入基地「川崎製造所」を廃止
2004年 (平成16年) 12月 三井石油㈱からLPガス事業を分離独立し「三井液化ガス㈱」の設立
2005年 (平成17年) 7月 LPガス輸入基地「七尾製造所」で国家石油ガス備蓄基地の操業受託を開始
2006年 (平成18年) 11月 本社および唐津製造所にてISO14001(環境マネジメントシステム)の認証取得
2008年 (平成20年) 4月 三井液化ガス㈱が丸紅ガスエナジー㈱と合併し「三井丸紅液化ガス㈱」の設立
2011年 (平成23年) 3月 JX日鉱日石エネルギー㈱のLPガス事業と三井丸紅液化ガス㈱が統合しENEOSグローブ㈱の設立
2012年 (平成24年) 4月 「液化ガスターミナル㈱」から「ENEOSグローブガスターミナル㈱」に社名を変更
新潟、秋田および川内のガスターミナルの操業受託
2016年 (平成28年) 6月 唐津ガスターミナル操業50周年

ページの先頭へ戻る

組織図

株主総会 取締役会 社長 常務 操業総括部 国備事業部 管理部 操業課 環境・保安課 技術・保全課 青森ガスターミナル 新潟ガスターミナル 七尾ガスターミナル 民間エリア 国備エリア 唐津ガスターミナル 石狩ガスターミナル 釧路ガスターミナル 秋田ガスターミナル 川内ガスターミナル 総務課 企画・法務課